欧米での代替医療の現状

慈恵クリニック院長山田義帰

代替医療とはAlternative Medicineの略で代わりとという意味で、1990年代から欧米では科学進歩と並行して逆に病気の患者が増えてガンをはじめに不治の病や難病が増加して、これまでの科学万能主義の西洋式の対処療法に限界を感じはじめた一部の医師が発端となり現在では、東洋医学、鍼灸、気功、霊気、祈り、指圧、漢方、按摩、アーユルヴェーダ、ヨガ、アロマテラピー、断食、瞑想、シルバーメソッドなども効果のある治療の一つとして採用されている。

それに追従するようにWHO世界保険機関は健康をホリスティック(全体論的、全人的)に捉える直すべきであるという世界的な声に応えて1998年に、WHOは新たにスピリチュアル(霊的)な次元での健康を加えることを提言した。その改正案の中身は「健康とは身体的、精神的、霊性的、社会的に充分満足すべきダイナミック(動的)な状態をいい、単に疾病または障害のないことではない」と拡大すべきと提言され、結果、圧倒的多数で可決された。

最近のWHOの調査によると、世界人口の約80%の人が西洋医学以外の代替医療を、なんらかの方法で取り入れている。

米国の医科大学の66%で既に、代替医療講座が設置されている。

マクガバン報告

代替医療が米国で注目され研究される基になったのは、1977年に米国の上院特別栄養委員会のマクガバンレポートが発端になった。米国国民の健康障害の原因調査で原因の一番目が食生活であり、二番目がストレス、三番目が運動不足、よんばんめが環境汚染 であると報告された。いわゆる現代病というのはウイルスや細菌が原因となって発病するのではなく、国民の体質が病気を作り出している。
マクガバン委員長は「ガン、心臓病、脳卒中、脳梗塞、糖尿病などの慢性病は、肉食中心の誤った食生活が引き起こした食源病であり、これはクスリでは治らない。我々はこの事実を素直に認めて、直ちに現在の食事の内容を改善する必要がある」と報告するとともに、七項目の改善提案もした。
1ー食べ過ぎない。
2ー野菜、果物、未精製穀物による炭水化物の摂取量を増やす。
3ー砂糖の摂取量を減らす。
4ー脂肪の摂取量を減らす。
5ー特に動物性脂肪を減らし、脂肪の少ない赤身肉、鶏肉、魚肉に変える。
6ーコレステロールの摂取量を減らす。
7ー食塩の摂取量を減らす。
そして、もっとも、理想的な食事は元禄以前の日本人の食事であるとも提案している。
つまり、それは精白されていない米や粟、稗、麦など、主に未精製の穀類、豆やキビなどを主食として、季節の野菜や魚介類、海藻などをおかずにした時代の食事ことである。

米国では薬の副作用死が問題視

米国では適正な薬の投与によっても、死因の第四位となっている。心臓病、がん、脳卒中についで四位となっている。
日本では生活習慣病薬の種類と投与量が米国よりもはるかに多い。副作用による、被害者の数や被害の割合は日本の方が圧倒的に多いと予想される。
厚生労働省の医療品副作用のモニター報告によると、死亡の大半は、抗生物質や化学療法の投与による、ショック死が多い。

自然治癒力を高める

現代医学、西洋医学の始祖は、古代ギリシアのヒポクラテスの言葉「人間は神様によって自然治癒力が与えられているから、医師と薬がそれを手助けすることで病気はよくなる。そのことを忘れてはならない」と述べている。