電磁波・静電気の人体への悪影響

医学博士丸山修寛

電磁波とは電場と磁場のこと。
電池と磁石の力。
電磁波・静電気は20年前の10倍‼️
人体の電流は直流!立波!
ゆえに人工的な交流電流は横波、人体に害を及ぼすことになる‼️
立波は人体を治療する力がある。
直流→バッテリー・電池
交流→コンセントに繋がってるもの

☆電磁波・静電気をコントロールすれば身体は健康になる!
ガン・鬱病・痴呆症・ヒステリー・
膠原病・リュウマチ・アトピー・
糖尿病・めまい・脱毛・免疫不全・高血圧症・原因不明の病・脳腫瘍・心臓麻痺・不妊症・Wi-Fi過敏症etc

☆日本小児科学会は警鐘を鳴らす❗️

☆電磁波は人体に作用すると静電気を作って筋膜と筋肉の溜まり神経筋肉の痛みや精神障害を起こす!

☆磁界は細胞内部まで侵入するのでDNAを変化させる力がある。

☆現代医学と東洋医学の違い。
西洋医学→物質と臓器と捉える。
東洋医学→氣→生体電気・生体磁気
心電図・脳波計・MRIなどは電気・磁気による医学の検査機。 

☆現代社会は会社も家も電磁波だらけで逃げ場がない‼️

☆対策として
①素足になって大地と繋がって木などの植物を触って放電させるのも方法である。(アィシング・グランディング)
②IH・電子レンジ・携帯電話は注意して使う❗️
③コンセントの側で寝ない。
④枕元に携帯を置かない!
⑤家の中の配線を知ること!